OSイメージファイルをダウンロードした時などによく見かける.isoファイル。

isoをCDに書き込むには、専用のソフトが必要になります(Windows7/8を除く)。

手順1 専用ソフトダウンロード
おすすめは「InfraRecorder」です。シンプルで使いやすい。
isoを書き込むだけでなくディスクのコピーもできます。
 http://infrarecorder.org/ 
BlogPaint
 Downloadsをクリック
BlogPaint
 理由がなければ一番上の Installer でいいと思います。
 
手順2 専用ソフトのインストール
ダウンロードした ir053(数字はバージョンによって変化).exeをダブルクリック
SnapCrab_InfraRecorder セットアップ_2015-8-9_17-42-32_No-00
次へをクリック
SnapCrab_InfraRecorder セットアップ _2015-8-9_17-42-38_No-00
次へをクリック
SnapCrab_InfraRecorder セットアップ _2015-8-9_17-42-42_No-00
インストールをクリック
SnapCrab_InfraRecorder セットアップ _2015-8-9_17-42-46_No-00
閉じるをクリック
これでインストール完了です。 

手順3 .isoファイルを書き込む
 デスクトップに出現した「InfraRecorder」のアイコンをダブルクリック。するとメインメニューが。
SnapCrab_InfraRecorder_2015-8-9_17-43-58_No-00
 isoを書き込むときは、「Write Image」をクリック。
SnapCrab_ファイルを開く_2015-8-9_17-44-26_No-00
isoがあるフォルダに移動して、
SnapCrab_ファイルを開く_2015-8-9_17-44-42_No-00
 isoを選択して 開く をクリック。
SnapCrab_書き込み _2015-8-9_17-58-38_No-00
 あとはOKを押せば書き込んでくれます。

~Windows7/8編~
Windows7/8の場合、標準でiso書き込みツールがインストールされています。
isoファイルを右クリックして「ディスクイメージの書き込み」をクリックします。
SnapCrab_NoName_2015-8-9_18-25-22_No-00
SnapCrab_Windows _2015-8-9_18-3-26_No-00
あとは空のディスクをドライブにセットして書き込みをクリック。

書き込みが終わったら、パソコンなりDVDプレイヤーなりで確認してみてください。
きちんとファイルが書き込まれている、ファイルが再生できれば成功です。

お疲れ様でした。