皆さんは、「スマホをどこかに落としてしまった」 経験はありますか?

例えば宴会で、公園のベンチに、カバン・ズボンのポケットから滑り落ちて・・・などなど。
理由は様々です。
もしスマホを落としてしまったとき、皆さんはどうしますか?
諦めますか?誰かが拾ってくれるのを待ちますか?
僕だったら心配で探しに行きます。

というわけで、今回はスマホを無くしてしまったときにとても役に立つ機能をご紹介します。

その名も!「Googleデバイスマネージャー」!

この機能を使えば、スマホの位置情報を取得(要GPS)して、マップに表示できます。
さらには、スマホにロックをかけたり、データ消去も行うことができます。

それではさっそく使い方を説明していきます。

まずはこちらへ
Googleデバイスマネージャー

1.ログイン
デバイスマネージャーを使うには、無くしたデバイスと探すために使うデバイスの両方で同一のアカウントにログインしている必要があります。
SnapCrab_2015-10-22_17-40-20_No-0000

ログインしたら承認を押してください。
 SnapCrab_2015-10-22_17-40-49_No-0000
SnapCrab_2015-10-22_17-46-06_No-0000
これがメイン画面です。実際に使ってもらうとわかると思いますが、実際は背景にマップが写っています。
このマップは、現在無くしたデバイスがどこにあるのかを示しています。

詳しく見てみましょう。
SnapCrab_2015-10-22_17-46-29_No-0000
 黄色枠は無くしたデバイスの名前です。デフォルトで機種名になっていることがほとんどだと思います。
その横、ピンク枠はデバイス名の編集、茶色枠はデバイスの位置情報の更新です。

メインはその下。
まず赤枠、「着信音を鳴らす」
これはデバイスから最大音量で5分間なり続けます。
近くにデバイスがあるはずなんだけど・・・って時にこれを使えば、音で場所を特定できますね。

続いて青枠「ロック」
デバイスをパスワード付きでロックすることができます。
SnapCrab_2015-10-22_17-47-12_No-0000

まず、赤枠部分にパスワードを入力していきます。
この時に、絶対Googleアカウントのパスワードを使用しないでください。

青枠は任意です。省略できます。
通知メッセージは例えば拾った人向けにメッセージを表示させたり。
電話番号は、入力しておくとその電話番号だけに電話ができるようになります。

今回はこのように。
SnapCrab_2015-10-22_17-48-30_No-0000

入力したらロックを押してください。
すると・・・
Screenshot_2015-10-22-17-48-41
デバイスにロックがかかりました。
真ん中の赤丸の電話マークは、タップすると先ほど入力した電話番号に電話できます。
操作するには先ほど設定したパスワードが必要になります。
Screenshot_2015-10-22-17-48-52

 ちなみに、このロック機能はデバイスからでないと解除できません。
つまり、ロックかけたけどやっぱり解除したい ということはできません。
解除するときは、「設定」から「ロックとセキュリティ」、「画面のロック」から、普段使用しているものに変更してください。
 Screenshot_2015-10-22-17-50-36

最後は緑枠の「消去」です。
読んで字のごとく、デバイスのすべてのデータを消し去ります。SnapCrab_2015-10-22_17-49-46_No-0000
ほんとに消えますよ?むやみに触らないほうがいいんじゃないですか?
ほんとに盗難にあったときとかに使ってくださいね。
 
デバイスを変更するときは黄色枠をクリックしてください。
SnapCrab_2015-10-22_17-50-14_No-0000
 
どうでしたか?
結構役に立ちそうでしょ?
これはほんとに便利だと思いますよ。
何かあった時のために練習しておいてもいいと思います。消去以外は触っても全然安全ですから。

これでスマホを無くしても安心ですね。