みなさん、お久しぶりです!
しばらくブログ更新を 休んでましたが、またちょくちょくアップするので見てくださいね~!

というわけで、今回は、
「Windows10を古いパソコンで動かす」
とある雑誌で実験してる記事を見つけたので、ぜひ自分も試してみることにしました。

早速ですが、とりあえずWindows10のシステム要件を
  Windows10
   プロセッサ:1 GHz以上のプロセッサまたは SoC
   メモリ:32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB
   HDDの空き容量: 32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 20 GB
   グラフィックスカード: DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
   ディスプレイ(画面解像度):800x600
見た感じ、古めのパソコンでもいけそうですね。

でも、上記のとおりじゃあ面白くないですね。今回の実験機は
DSC_0056
  FMV C8210
  OS:WindowsXP HOME Edition
  CPU:Celeron M 360J 1.40GHz
  メモリ:512MB
  ディスプレイ:FLバックライト付TFTカラーLCD (XGA(1024×768ドット))
メモリ半分で行きます。HDDも心もとないですね。
CPUはぎりぎり、ディスプレイはそこそこですかね。
この古パソコンにWindows10をインストールすると、果たして動くのか、実験したいと思います。


早速、Windows10をインストールしていきます。 
WindowsXPに関しては、Windows10へのアップグレードの対象でないため、DVDもしくはUSBからのインストールになります。
DVDドライブはついてないので、今回は外付けで。
MSDNなどで、isoをダウンロードした人はDVDもしくはUSBに書き込んでください。
  isoをUSBに書き込む
  isoをディスクに書き込む

まず、DVD/USBから起動するためにBIOSを設定します。
DSC_0058
電源ボタンを押して、会社のロゴが出てきた瞬間にF2(実験機の場合 機種によってF12だったりマウスクリックだったり)を押してBIOSに入ります。

DSC_0059
起動タブ-デバイスの優先順位より、CD-ROM(DVD-ROMやUSB Deviceなど)を一番上に持ってきます。
後は設定を保存して、電源を切ってください。
DVDをドライブにもしくはUSBを差し込んで電源を入れてください。

DSC_0061
起動時にこのような表示が出た場合、好きなキーを押してください。

DSC_0062
DSC_0063
無事、インストーラーが起動しました。
このまま次へ
DSC_0064
DSC_0065
ここで、プロダクトキーを入力してください。
スキップして、インストール後に入力、認証することもできます。
DSC_0066
規約に同意して、
DSC_0067
今回は、クリーンインストールしたいので カスタム:Windowsのみをインストールするを選択しました。
DSC_0068
HDDはすでにパーティション削除済みなのでこのまま次へ。
必要であれば削除、フォーマットを行って下さい。
この時点で、HDDのデータはすべて消去されますので気を付けてください。
DSC_0069
処理が完了すると、自動的に再起動します。
あ、再起動してした画像のような文字が表示されたら、何もキーを押さないでくださいね。
ここでキーを押すとインストール画面最初に戻ってしまうので。
DSC_0061

DSC_0070
ここからは、デバイスの準備などなど。。。
結構な時間を要しました。

これが終わると、いよいよパソコン・アカウント設定です。
DSC_0071
このまま簡単設定でいいと思います。
詳しい人、カスタマイズしたい人はご自由に。
DSC_0072
 ここでアカウント名とパスワードを設定します。
この時点でパソコンがインターネットに接続されている場合、Microsoftアカウントへのログイン画面になると思われます。実験機はインターネットに接続していないのでローカルアカウントです。
DSC_0073
設定が終わると今度はアプリのインストール、設定などが自動的に行われます。
気長に待ちましょう。

DSC_0074
設定が完了すると、あっさりとデスクトップへ。
これでインストールが完了しました!
最初はとろいですが、視覚設定やテーマ設定を変更すればそれなりに改善されます。
もちろん、PC環境によるので、「実検機と同じスペックなのに動かない!」 ていうこともありえるわけです。
 
タスクマネージャー:
DSC_0095
DSC_0096
DSC_0097
 CPUの使用率はそんなに高くないですね。
ただ、メモリ使用量は実装メモリの半分を超えてます。

まぁ、見て分かる通り、ゲームなんてとてもじゃないですができません。
あくまでネットサーフィン用って感じですかね。

結果: 古いパソコンでもWindows10は動く!!!
とはいっても、この後のアップデート次第では動かなくなるかもしれませんね。
実用性を考えるならWin10入れるより、puppyとかのほうがいいかも。