どうも~ wi998です~

前回はWindows10 Creators Updateのインストール方法を記しましたが、今回はアップデート内容を記していきます。

まずは一番目に付くスタートメニューです。
SnapCrab_NoName_2017-4-6_16-39-14_No-00
今まではタイルを1つづつ並べて表示していましたが、
SnapCrab_NoName_2017-4-6_16-39-34_No-00
タイル同士を重ねると・・・
SnapCrab_NoName_2017-4-6_16-39-58_No-00
なんと、タイル同士をグループ化することができるようになりました。
上向き矢印のタイルを押すと、
SnapCrab_NoName_2017-4-6_16-40-4_No-00
綺麗に一つにまとまりました。


続いて「設定」アプリです。
今回のアップデートでは設定アプリからいじる機能が増えました。ここからどんどん派生していきますよ~

SnapCrab_設定_2017-4-6_17-40-5_No-00
早速設定を開きました。
お気づきでしょうか?項目が二つほど増えていることに。
今回のアップデートでは「ゲーム」と「アプリ」の二つの項目が追加されました。

それではいろいろ見ていきます。
まずはシステムを開きます。
SnapCrab_NoName_2017-4-6_16-46-21_No-00
ディスプレイタブに「夜間モード」が追加されました。
いわゆるブルーライトカット的な・・・
目に優しいやつです。
人は寝る前にテレビやゲームなどの画面を見ると頭がさえて眠りにつきにくくなるらしいですが、この機能はそれを軽減してくれるようです。

SnapCrab_設定_2017-4-6_16-46-47_No-00
オンにした状態(初期設定)。
夜間モード設定を開いて詳細な設定をしていきます。

SnapCrab_設定_2017-4-6_16-46-51_No-00
今すぐ有効にする を押すと夜間モードが即座に実行されます。
色の濃さはその下のバーで調節できます。
また、スケジュール機能を使えば自動的にオン、オフを切り替えられるようになります。
写真の場合、午後9:00に夜間モードをオンにし、午前7:00になったら夜間モードをオフにする、といった具合ですね。
長時間作業する人や夜間に作業する人にとっては良い機能ではないでしょうか。

続いて、ホームに戻って、今度は「更新とセキュリティ」から「Windows Update」タブを開きます。
SnapCrab_設定_2017-4-6_17-19-39_No-00
Windows Updateのアップデート内容は更新プログラムがインストールされた後の再起動の時間を最大18時間まで引き延ばせるようになりました。
SnapCrab_設定_2017-4-6_17-19-42_No-00
今までは、更新がインストールされた後に「再起動してね☆」とか、「あと30分後に強制的に再起動するよ☆」とか散々邪魔をされましたが、写真のようにアクティブ時間を設定しておくことで、その時間帯は更新による再起動をさせないようにすることができます。
写真だと午前8:00から午後5:00が設定されているので、その時間帯は更新による再起動はされなくなります。
うん、嬉しい。

続いて、ホームに戻って「アカウント」から「サインインオプション」タブを開きます。
ここに追加されたのは「動的ロック」です。
SnapCrab_NoName_2017-4-6_17-34-21_No-00
あらかじめスマートフォンなどの端末をBluetooth経由でPCと接続しておくと、端末がPCから検知できなくなると、30秒後にPCを自動的にロックしてくれます。
例えばカフェなどで作業中、端末をもってトイレに行けばユーザーは何もしなくても30秒後にはPCをロックしてくれるわけです。
なんにしてもあまり必要性を感じないような気もしますが・・・


続いて、「個人用設定」から「テーマ」タブを開いてください。
SnapCrab_設定_2017-4-6_17-40-21_No-00

ここでは、テーマの設定を設定アプリからでも行えるようになっています。
また、ストアからも様々なテーマをダウンロードすることができるようになっています。
SnapCrab_ストア_2017-4-6_17-40-34_No-00
また、テーマの色も、今までと比べかなり詳細に設定できるようになりました。

SnapCrab_設定_2017-4-6_17-40-50_No-00
今までよりも自分好みに設定できるようになりました。

そのまま「スタート」タブを開いてください。
ここにはスタートメニューにあるアプリ一覧を非表示にできる設定が追加されました。
SnapCrab_設定_2017-4-6_16-49-21_No-00
「スタートメニューにアプリの一覧を表示する」をオフにすると、
SnapCrab_NoName_2017-4-6_16-49-41_No-00
アプリ一覧が、
SnapCrab_NoName_2017-4-6_16-49-54_No-00
きれいさっぱり消え去りました。
赤枠のボタンを押すとアプリ一覧だけが出てくるようになりました。
SnapCrab_NoName_2017-4-6_16-49-57_No-00


どんどんいきます。「システム」から「ストレージ」タブを開いてください。
ここには「ストレージセンサー」というものが追加されました。
SnapCrab_設定_2017-4-6_17-42-3_No-00
この機能は溜まりに溜まった一時ファイルや長時間ごみ箱に入ったままになっている、いわゆるジャンクファイルを自動で検知し、処理してくれるというものです。
SnapCrab_2015-09-03_21-25-51_No-0000
今までのディスクのクリーンアップ機能の自動実行版と考えるのが分かりやすいでしょうか。
SnapCrab_設定_2017-4-6_17-42-6_No-00
詳細設定では、削除するファイルを決められます。

いよいよ、新しく追加された「アプリ」から「アプリと機能」タブを開きます。
「アプリ」という項目自体新しいものですが、中身は大して変わりません。
追加されたのは「アプリのインストール」です。
これはどういった機能なのか。
WindowsRTから、「ストア」というアプリが追加されました。
ストアに掲載されているアプリはすべてMicrosoftの審査を通過した安心安全なアプリです。

SnapCrab_設定_2017-4-6_17-42-51_No-00
ここでは、ストア以外からのアプリのインストールを「警告」または「禁止」することができます。
つまりwin32アプリケーションは全般的にインストールができないように設定することができます。
先ほど述べたように、ストアはMinecraftの審査を通過した安全なアプリしかありません。
つまり、外部からソフトウェアを使ったウイルスの侵入を大幅に下げることができます。
小さいお子さんなどには有用な設定でしょう。

SnapCrab_NoName_2017-4-6_18-13-36_No-00
こちらは「ストア以外からアプリをインストールする前に警告する」に設定したうえで、win32アプリケーションのインストーラを実行しようとした場合です。
警告は出ますが、「了解してインストール」を押せば、何事もなかったかのようにインストールを続けることができます。

SnapCrab_NoName_2017-4-6_18-13-50_No-00
こちらは「ストアのアプリのみ許可する」を選んでインストーラを実行した場合です。
先ほどの「了解してインストール」ボタンが消えています。

今回のアップデートではゲーム関連も進化しています。
例えばゲームモード。
この画面はゲーム実行中にWindowsキー+Gキーで表示させることができるメニューですが、「ゲームモード」という機能が追加されています。
SnapCrab_NoName_2017-4-6_17-35-14_No-00
どのような機能かというと、CPUやGPUの割り当てをゲームに集中させることで、パフォーマンスを向上させるという機能です。
SnapCrab_NoName_2017-4-6_17-35-52_No-00
また、配信ソフトを使わなくても直接動画配信できる機能も追加されていますが、残念ながら私のPCでは条件が満たされておらず、使用できませんでした。

Windowsでは、4Kなどの高画質ディスプレイを使っていると文字がぼやける現象が発生していたらしいですが、機能の追加によって改善されるようです。
SnapCrab_Meryのプロパティ_2017-4-6_16-58-32_No-00
赤枠のところにチェックを入れると
SnapCrab_無題-1  - Mery_2017-4-6_16-58-48_No-00
ぼやけていた文字が・・・
SnapCrab_無題-1  - Mery_2017-4-6_16-58-7_No-00
はっきり映るように!!

??????????
残念ながら私のぼろっちぃディスプレイでは効果がありませんでした。
4Kディスプレイをお持ちの方はぜひお試しあれ。

さて、今回のアップデートの一番の見どころといっても過言ではない、「Paint 3D」の登場です!
SnapCrab_スタート_2017-4-6_16-59-34_No-00
Paint 3Dは今回新しく追加されたアプリで、今までのペイントは2D絵の表示だけでしたが、3D絵を描くこともできるようになっています。SnapCrab_タイトルな-4-6_17-12-34_No-00
とりあえず3Dモデル、オブジェクトをすべて配置してみました。
SnapCrab_タイトルな6_17-5-18_No-00
ここまでは何の変哲もないですが、プレビューモードに切り替えると
SnapCrab_タイトルな-6_17-5-37_No-00
Sn4-6_17-5-29_No-00
このように、いろいろな角度から立体モデルを眺めることができます!
SnapCrab_タイトルな-6_17-6-6_No-00
また、モデルの奥行きも変更可能。
どこにでもモデルを配置することができます。
Sn0
ただ、2Dの線は立体にはなりません(※当たり前です
Snap4-6_17-12-53_No-00
もちろん、色を変えたり、
SnapC-6_17-13-17_No-00
モデル同士を組み合わせることも可能。
Snap7-11-46_No-00
テクスチャも追加すればさらに綺麗に、
SnapCrab_タイトルな6_17-12-24_No-00

・・・
Snap4-6_17-9-32_No-00
・・・
Sna-6_17-9-26_No-00
・・・
Sna00
・・・

背景色を変えることもできます。
Snap ペイント 3D_2017-4-6_17-13-38_No-00
下にモデルが反射しているのが見えます。
また、作ったモデルはRemix3Dというサイトにアップすることができます。
Snap_17-16-40_No-00
フィルターをかけたりライトの位置を調節したり、
Sna ペイント 3D_2017-4-6_17-17-5_No-00
あとは名前と説明を入力すればアップロードできます。
Snap ペイント 3D_2017-4-6_17-17-18_No-00
アップロード完了!
SnapCrab_Remix3D - 顔 ‎-_2017-4-6_17-17-50_No-00
アップロードされているモデルは、Remix3Dのサイトから閲覧可能。
他のユーザーもたくさん上げています。
お絵描きの幅もぐんと広がりましたね。

最後に追加された細かい機能をパパっとご紹介。
Microsoft Edge
タブにタブの中身をリアルタイムに表示できる機能が追加。
SnapCrab_新しいタブ4-6_17-21-4_No-00
また、タブを一時的に別の場所に保管しておくことが可能。
タブがごちゃごちゃしません。
SnapCrab_新しいタブ 017-4-6_17-21-7_No-00
また、共有ボタンのデザインも変更
SnapCrab_NoName_2017-4-6_17-39-15_No-00
共有画面も変更されました。
SnapCrab_共有_2017-4-6_17-39-34_No-00
MicrosoftIMEには変換候補を削除する機能が追加。
これでやましいこともきれいさっぱりですね!(!?)
SnapCrab_無題 - メモ帳_2017-4-6_17-22-1_No-00
Windows DefenderがUWP化されました。
また、若干機能も追加されています。
SnapCrab_NoName_2017-4-6_17-37-34_No-00
アクションセンターで、ストアからダウンロードしたアプリの状況が把握できるように。
SnapCrab_アクション センター_2017-4-6_18-15-10_No-00
標準機能の「映画&ビデオ」アプリがミニモードに対応
動画を見ながら作業が可能に。
SnapCrab_NoName_2017-4-6_17-33-20_No-00


さて、ここまでWindows10 Creators Updateの主な機能を紹介してきました。
しかし、他にもまだまだたくさんの機能が追加されています。
今回の記事では省いていますが探してみてください。

それではお疲れさま~♪